割引制度を上手に活用 引越しのお得プラン

割引制度を上手に活用 引越しのお得プラン

引越しするために考えた姉のプラン

一年前に姉が実家から引越しする時の話です。僕の姉は結婚するという事で、隣の県で100km程の引越しをする事となりました。忙しい姉はどのようなプランにするかかなり迷っていました。荷作りをすべて任せるか、自分でするかということで悩んでいました。荷作りをまかせると女性スタッフばかりのプランにしなくてはならないらしいのです。それはやはり下着など男性に見られたくない物があるらしいのです。そうなるとやはり値段もそれなりに高くなってくるのです。僕はその時女性は大変なんだなと思いました。僕の父親も母親も仕事が忙しく、姉は荷作りを頼んでみたらしいのですが見事断られたらしいのです。これからは旦那がいるのだから、旦那に面倒を見てもらえといわれていました。

引越しの1ヶ月前になり、姉が僕の部屋をノックしてきました。僕は派遣の仕事をしていたので休みも多くよく家にいたのです。それを見越して姉は僕に小遣いをあげるから荷作りをしてくれと言ってきたのです。僕は昔から姉が恐ろしく、良く使われていました。結局、荷作りは僕がさせられて一週間前にやっと準備が整いました。すると姉は、思っていたより荷物が少なかったらしく引越しを頼むのをやめると言ってきたのです。僕は当時、ワンボックスを乗っていたので嫌な予感がしました。予感は的中で、結局僕が荷物まで運ばされました。最初にプランで悩んでたのはいったい何だったのかなと不思議になってきました。